信用情報について

信用情報は個人が金融機関から借金をするたびに更新されていく個人情報です。
ここには現在その個人がどの金融機関からいくら借りているのか、そしてその返済はどのようになっているのか、完済したことはあるのかといったようなことが記録されています。
ではこの信用情報に傷が付いてしまった場合にはどうすれば良いのかというと、基本的には「借金が出来なくなる」ということになります。
例えば一般的なカードローンやキャッシングでは、審査の際に必ずこれを確認しますから審査通過の可能性は極めて低いものになってしまいます。
カードローンにせよキャッシングにせよ、業者にとって利益が出るのは融資をした時ではなく返済が行われた時なのですから、返済が行えず利益にも繋がらない恐れがある顧客に対しては融資をしてくれないわけです。
これはクレジットカードでも全く同じことが言えます。
こうしたものであれば審査が通らなかったとしても直接大きな問題に繋がらないことが多いですが、それよりも注意が必要なのは銀行で行っている住宅ローンなどを利用する場合でしょう。
住宅ローンは銀行にとって多額の利益に繋がるタイミングですが、同時に高額融資になるためリスクがあると判断されると融資をしないという結論を出します。
信用情報に傷が付いている顧客は過去に借金を滞納したり債務整理をしたことがある、それであれば高額融資をするのにはリスクが大きいとして判断されてしまいますから、住宅ローンなどの借り入れも難しくなるのです。
このように信用情報に傷が付いて良いことは一つもありませんから、借金はしっかり期日通りに返済していくようにしましょう。