カードローンの返済方法

消費者金融などのカードローンでは、返済方式がリボ払いになっているのが一般的です。リボ払いとは、借入残高に応じて毎月一定の額を返済する、というものです。例えば100万円までの借入なら毎月2万円ずつ、100万円を超えて150万円までなら3万円ずつ、という感じです。一定額の返済は、生活費を計画的に使うことができるため、経済的な負担を最小限にすることができます。100万円借りて月々2万円ずつ返し、残高が60万円になったところでさらに30万円借りたとしても、月々の支払いは2万円のままです。毎月の支出が変わらないのであれば、足りなくなった時に安易に借りてしまうのも無理はありません。
しかし、借入には当然利息がかかります。仮に100万円の利息が15%だとすると、年間15万円、月に1万円以上の金利がついていることになります。2万円返しても半分以上が利息です。元金はなかなか減りません。そうすると金利負担が大きくなり、大変不経済、ということになります。
繰り上げ返済は、月々の返済とは別に、好きな時期に追加で返すことです。ボーナスなど、臨時収入があった時に返しておくと、元金を減らすのに有効です。
カードローンは便利な反面、繰り上げ返済を利用しなければなかなか元金が減らず、いつまでも金利を支払うことになる、という特徴があります。便利に長く利用するためには、借入残高が多いうちに繰り上げ返済をして残高を減らしておくことが重要です。