必要書類について

生活費が不足しているときには、銀行や消費者金融が行っているカードローンを使いたい人もいるでしょう。すぐにお金が必要なときには、即日融資に対応してくれる金融業者を選択することが大切で、それぞれの業者ごとに審査スピードの速さは異なっていますので、即日中に借入れできるか把握しておくことがおすすめです。消費者金融の場合には、法律上の規定として総量規制の問題があるために、年収3分の1を超える借入ができない特徴があります。一方で、銀行のカードローンでは銀行法に基づく融資サービスに該当することから、総量規制の適用を受けることはありません。自分自身がパートやアルバイトをしている主婦の方であれば、毎月の一定の収入を得ていますので、消費者金融のカードローンの申込みをしたときでも、審査に通過できることが考えられますが、無収入の主婦であれば銀行カードローンを選択する必要があります。借入の申込みをすると審査を受けることになりますので、本人確認書類として健康保険証や運転免許証を提出します。多くの金融業者では融資の希望金額が50万円以下であれば、提出が求められる書類は本人確認書類のみで、収入証明書を提出しなくても融資を受けることが可能です。大手の銀行であれば、利用限度額が100万円までの範囲内であれば、収入証明書の提出を求められませんので、収入の無い主婦にとって借入しやすいカードローンとして人気です。多くの業者は審査で職業形態を問うことはありませんが、専業主婦の場合には融資が可能な業者を探すことが大切です。